胸椎12番脱臼破裂骨折〜手術が始まるまで〜

 

んにちは!

 

翔太です!

 

今回は怪我の内容、入院生活、退院して今に至るまでどのくらいの記事になるのかわかりませんが書こうと思います

 

なぜならば、僕が当時不安でこの怪我についてネット検索をかけても医学的な論文やお医者さんのホームページしか出てこずそれらのページを見てもリアリティを感じれず

 

自分の怪我についてどのようにしたらいいのか?又、本当によくなるのか?真っ暗な世界にいるような中で光が見えなくて知り合いには元気で前向きな自分を演じて

 

毎日本当に不安だったので今後もしこの記事にたどり着いたあなたには

 

少しでも励みになってもらいたいと思うし又、恋人、友達がこうなってしまってどうしようと思ってたどり着いたあなたに少しでも僕は寄り添えたらと思い記録しようと思います

 

なるべく思ったままに、感じたままに記します。

 

僕はスノーボードの大きな大会でお尻から落ちるような形でみぞおちの後ろのあたりの背骨が折れてしまいました

 

その名称が「胸椎12番脱臼破裂骨折

 

くの字のように曲がってしまい関節が外れその際に破裂骨折というのも同時に起きるらしくこんなたいそうな名称みたいですお笑い芸人のスギちゃんも同じ怪我だったそうです

 

人によっては脊髄損傷により下半身付随にもなってしまう可能性もある怪我でした。

 

実は三年前に同じ怪我でオバがそうなってしまっていて僕は本当に不幸中の幸いの幸いが大きかったと感じています。

 

 

その時のレントゲ

 

 

落ちた瞬間から足が動かなかったのですが今だけ衝撃でびっくりして動かないのかなぁ?と考えていましたが、救護室に行っても動く気配がなく

 

そこで初めてもしかしたら、、、と思いましたが、触られている感覚はあったので「触られてるのがわかるなら大丈夫だから!動くようになるから頑張ってね!」と、救急車で運ばれる前に言われそうなのかなぁと半信半疑ながらに救急車へ

 

 

救急車の中では揺れもあったからか怪我してる背中が痛いことに脳がフォーカスしたのか痛みが激しくなり「痛い、痛い、痛いい”」と嘆いている記憶しか今はありません 笑

 

病院につくまで50分くらいかかったのですが車の揺れで休む間もなく嘆きながらなんとか病院についてベッドへの移動。テレビで見るあの掛け声「セーの、1、2、3!多分あの時が一番痛かった

 

CT、MRIを撮り手術の説明する為にも先生を待つことになりその間に親に連絡してもらったり僕は動けなったのでその他諸々の連絡を大会を見ていた友達にしてもらいました

 

 

痛いながらにふざけ、元気アピール(無駄なのにw)

親は介護の仕事で夜勤明けだったみたくすぐに向かうとのことで「3時間くらいでつくそうですが待ちますか?」と、言われすぐ手術でも良いですと答えその後は担当医との挨拶何人かした。

 

確かその1時間後くらいに執刀する先生が来て手術内容などの話をしてよろしいですか?とは聞かれたが痛みが強すぎてなんでも良いからしてくださいと言ったような気がする笑

 

その時には若干だが足に力が入るような感じがあったので笑う余裕ができたのを覚えている。が

 

「あと1時間半くらいで親もきますから待ちますか!」と拒否権のないような看護師からの一言。個人的には早くしてくれ…と思っていたが笑

 

(後から聞くと怪我の内容が内容だけに、もしかしたら脊髄が損傷していて動かなくなる可能性がある事を手術前に伝えたかったらしい。)

 

実際先生を待っている間に痛みは若干落ち着いたのもあり(まぁ後2時間もないならいっかぁ)とはなっていた。

親は慣れていない土地の為、降りるインターを間違いプラスで1時間かかるかもと…

 

なら先に手術しますか!と看護師さんも先生もそして僕も手術だ!という空気になった。のに親と電話していた看護師さんから「後15分で着く所にいるっぽいので待ちましょう!」と。

 

おいおいなんでも良いから早く楽にさせてくれ…)心の中でそう思いました。笑

 

15分後弟も来ていて、その時には普通に会話する余裕もあった説明も終わりやっとこさ事は進み手術室へ。もう少しで始まるとほっとしたのか

また激痛が襲ってきた

 

しかもこの時の痛みは救急車で運ばれている時と同じレベル。だがこの時に痛かったのは背中ではなく腰から下であった救急車の時同様「痛い、痛い、痛いぃぃぃぃ!」と声に出しながらあっという間にテレビで見た事のある手術台から見る丸いライトの真下

 

そんな中で麻酔の先生に「すぐに眠くなるからね!」と言われながらもすでに体はビリビリとしてきて

(あっこれ目を瞑れば眠れるかも…)と思い瞑る…

 

 

案の定手術は終わっていてノンストレスなベッドの上、点滴やカテーテルなどの管が沢山。そして機械の音だけがする静かな場所で目が覚めた。

痛み止めの効果もあり当然眠る前の痛みはもうなくなっていてやっと一安心。。

持っている写真が逆さま

 

 

そこは集中治療室のような場所で目が覚めて何か会話したかも

しれないがあまり覚えてはいない

 

が写真を見る限り顔色もよくなって大分元気。笑

怪我をしたのが昼前の11時頃?手術をしたのが19時半頃終わったのは21時半くらいだったので

 

気づけば1日が終わろうとしていて、きてくれた家族も仮眠室?に行ったとか…

もう一度目を瞑り、長くていたーい1日が終わった