THE BATTLE GAMES 2018が完成するまで(中編)

こんにちは!

浅賀新平です!

今回はTHE BATTLE GAMES 2018が完成するまで【中編】です。

【前編】を読んでない方は先にこちらから。

THE BATTLE GAMES 2018が完成するまで【前編】

スポンサードリンク

<開催地をどこにするか?>

3人でのミーティングを重ね

開催場所をどこで?

というところまできた。

前回作は尾瀬戸倉スノーパークにお世話になった。

今回は新天地でやれたら!という想いもあった

どこが良いかなと考えた時に

以前からお世話になっている

延王くん(大竹延王)が頭に浮かんだ。

延王くんは長年いたスキー場を離れ

心機一転、黒姫高原スノーパークで

パーク作っていた。

のぶおくんなら相談に乗ってくれるかな?

と思い連絡したところ

『会社のOKが出てば特設ジャンプ作るのは良いよ〜!』

と快く返してくれた。

本当に有り難かった。

<黒姫高原スノーパークに決定!>

黒姫高原スノーパークを運営してるのは

株式会社マックアースだった。

繋がりや知り合いも全然なかったけど

唯一、社長の名前は知っていた。

時間は迫っていたし

もう、直接連絡するしかないと思い

FACEBOOKのメッセンジャーで連絡してみた。

後日、山で会う機会を設けていただき

概要やTHE BATTLE GAMESへの想いを話した。

黒姫高原スノーパークの支配人も前回作を見て

面白い企画だから今年はうちが協力するよ!

と言ってくれた。

無事に黒姫高原スノーパークへ決定した!

本当に有り難かった。

スポンサードリンク

<出場ライダーを決める!>

制作チームと開催地が決まったら

作品のメインとも言える出演者だ。

今回は前回作があるおかげで

ある程度のイメージができる。

THE BATTLE GAMESは

良くも悪くもその人のイメージを

視聴者に焼き付ける作品だ。

前回の出演プロスノーボーダーから

新規のプロスノーボーダーまで

直接の知り合いから間接的な知り合いまで

出て欲しいと思った人には声を掛けた。

勿論、OKを出してくれた人から

断られた人もいる。

出る、出ないはもちろん自由だけど

声を掛けるのも自由だから

これからもあまり細かいことは気にせず

オファーしていきたい!笑

そしてかなりタイトなスケジュールだったけど

俺を含む6人で決定した。

ここまでの段取りは

本当に長い道のりだった、、、、

<スポンサーを募る>

何かを創ろうとしたら

切っても切れないのが

制作費用の問題だ。

今後、THE BATTLE GAMESを

継続、繁栄、プロスノーボーダーの表現の場として

確立させていくためにも

制作費が集まる媒体になることは必須だった。

色々と資料を作成して交渉を行った。

今回、有難いことに

全国にスキー場を展開する

株式会社マックアース

https://www.macearthgroup.jp

東京都杉並区の南阿佐ケ谷にある

串カツ屋エベス

http://www.e-ebesu.com

が制作費をスポンサーとして捻出してくれた。

映像を作ってる個人的な感覚だが

メーカーのPVなどは目的が明確なものは

制作費用は出る。

しかし、自由制作の作品は

スポンサー側との感覚の共有や

制作の目的が明確でないと難しい。

だからこそTHE BATTLE GAMESに

スポンサーしてくれたのは本当に有り難かった。(感謝)

スポンサードリンク

後編へつづく〜!

作品の視聴はこちらより↓↓↓

【公開】THE BATTLE GAMES 2018

THE BATTLE GAMES 2018が完成するまで(後編)